FX取扱会社
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バストトップやデリケートゾーンをきれいに保つために

普段は見えないところの悩みを解消する製品をあれこれと紹介するブログです。

においの悩みを解消すれば、旅行も楽しい!

におい悩みがなくなりアクティブに!旅行も楽しくなることうけあいです。

気持ちも晴れ晴れ、久々に京都へ出かけることにしました。

京都旅行といえば・・・美味しいグルメも楽しみのひとつですよね。混雑する時期だと、清水寺金閣寺、嵐山などの観光地に向かうバスは全く進みません。挙句、時間が無くなり、コンビニおにぎりでお昼を済ますということもしばしばです。

そこで、おすすめなのが普段、地元の人が食べているものを食べよう、ということです。あまり知られていませんが、京都はラーメン激戦区。関西では誰もが知っている「天下一品」も、京都発祥です。ここのドロッとしたこってりラーメンは、京風のあっさり味を物足りなく感じている人に強烈な一撃を見舞ってくれるでしょう。

一方、円町駅近くの山崎麺二郎は大阪の名店で修業した店主が作る、繊細なラーメンです。旅で疲れた身体と心が、じんわりと癒されます。

敷居は高めですが、フレンチもおすすめです。京都はフレンチのお店が多く、祇園の古風な料亭の近くに、おしゃれなフレンチレストランが立っていたりします。まさに、古今東西という感じです。

どうしても時間の取れない人は、スーパーで地元の豆腐やお総菜を買ってみるというのも手です。とりわけ高いものではなくても、土地柄を感じることができます。ただ、おばんざい(お惣菜)は他県の人にとっては少し甘めかもしれません。

歩き疲れて少し休みたいときには、三条大橋スターバックスが私のお気に入り。階段を下りたフロアのソファーに腰をうずめ、鴨川を眺める豊かな時間は旅の良い思い出です。

京都 旅館 女子旅

デリケートゾーンの脱毛その2

本格的にサロンへ行って脱毛をしたい、と昨日の記事に書きました。

バイト先の近所で探してみて、まあまあ情報を網羅できたので、地元でも探してみることにしました。

バイト先の近所は人が多いので「予約取れないでバイトのない日に仕方なく行く」みたいなことになると嫌だなーと思ったからです。

地元と行っても東京の下町で、恵比寿からもそんなに遠くありません。

徒歩、あるいは自転車で行ける距離だと電車賃もかからなくて助かりますよね。

そんな都合よく見つかるかな・・・と心配しつつ探すと、まあ、ありますあります。

こういう美容系の地元情報ってホットペッパービューティーかなと思う(実際いつも探している)んですが、昨日検索してみると、個人の口コミなんかもけっこう出て来てたりして。

ホットペッパーだと情報が多すぎる感じもするから、口コミ中心で探してみました。

似たようなのが出て来ました(短くまとめてあるブログ)。駅近の各サロンを比較してる系です。

知っているサロンもけっこうあり「こういうところなら行ってみようかな」と思えて来ます。

どのサロンも無料とか、すごい安い値段で体験させてくれるみたいです。

これなら一つ行って想像と違うーってなっても、別のところに行けるから気が楽かもしれません。

デリケートゾーンの脱毛

デリケートゾーンの悩みは尽きませんが、やっぱり水着を着ようとなると「脱毛しないとダメじゃね?」となります。

脱毛って値段が高いし、時間がかかるし、剃ったらいいじゃんっていう意見もあります。

でも、デリケートゾーンとなると結構剃った後が目立つし、やっぱり脱毛かもよって感じです。

うちは田舎だから適当な脱毛サロンもないし、バイト先(カフェ)の近くでどっかないかなと探すことにしました。

安い値段でできるなら、やっぱきちんと脱毛した方がいいし。ハミ毛とかマジでヤバイですから。

バイト先の最寄駅は恵比寿です。恵比寿なら、いろんな脱毛サロンもあるだろうし、安いところ見つかればいいな。

ホットペッパービューティとか見たんですけど、値段がよくわからない(キャンペーン情報とかがない)ので、恵比寿に住んでる人とか、働いている人とかエステに詳しい人とかの口コミを探すことに。

結構見つかります。恵比寿で脱毛している人って意外に多いのかもしれません。

さすがにあれだけの人が毎日移動していたら、当たり前かもですが。

一番簡単に書いてる人のを参考にしました。情報多すぎると読むのタイヘンですから。

見えないところをきれいにしたい

デリケートゾーンの悩みは尽きませんが、乙女の悩みの一つに「詰まる」ことがあります。

便秘の女性は結構多いようで、10人いると5人くらいは、そうした悩みを抱えているようです。

私もまた然りで、気をつけてないとすぐに詰まるクチ。どうしてか分かりません。母もおばあちゃんも快調なのに、家族で私だけ。

多分、若い時に肌を露出する服装が定着して冷えたり、あるいは冷たいものばかり飲んだり、バランスを欠いた食事をし続けたりしたからかな、と思います。

なので若い頃は本格的な便秘で、通院していたこともあります。

今ではかっこいい服装よりも温かくして、健康の方を大事にしていますが、若い時についた身体の「癖」というのは治りにくいのでしょうか。

なので私は、便秘をスッキリさせる作用のあるお茶が欠かせません。といっても毎日飲むわけではなく「ちょっと調子よくないかも」という時に飲む程度ですが。

モリモリスリムというお茶をメーカーさんからいただいて、試飲したらとても美味しかったので続けています。

いただいたお礼として感想文も書きました。拙い文章ですが、ご一読くだされば幸いです。

 

 

天然素材使用で、価格を抑えたデリケートゾーン用ソープ

身体に優しい素材ばかりを使っていて、なおかつリーズナブルなデリケートゾーン向け石鹸を探してみたら「生ジャムウソープ」という製品に行き当たりました。

f:id:mienaitokoro:20150614210942p:plain

デリケートゾーンの匂いを抑えてくれる天然の洗浄成分「ミョウバン」や「茶エキス」とともに、官能的な気分を盛り上げる精油「イランイラン」が配合されています。

もちろん、美肌づくりのためにさまざまな植物のエキスやオイルも入っており、いかがわしい製品とは一線を画す、ヘルシーかつリッチな石鹸です。

ひとつ2,000円しないので、パートナーと一緒に使うことはもちろん、シャレのわかるカップルさんへのプレゼントなどにも喜ばれるかもしれません。

その場合は効果のほどを尋ねるといった、野暮な行為は慎んでください(笑)。

>>> ドルチェローズ 生ジャムウソープ

匂い消しプラス夜のお悩みにも効くという石鹸

試していないのでよくわかりませんが、デリケートゾーンの匂いを消すと同時に夜の悩みを解消し、仲良く過ごすことを促進する石鹸だそうです。

f:id:mienaitokoro:20150614205412p:plain

どんな成分なんだ一体!?と見てみましたところ、天然の素材が使われています。

ご丁寧に防腐剤やパラベン、酸化防止剤、それに合成着色料も不使用と、普通の化粧品並みの配慮。

大事なところの匂い消しだと言わずにお風呂に置いておくのが良さそう。自分だけ効果を実感して、ほくそ笑むのも楽しいかも(笑)。

3個で送料無料の5,994円。日本製です
>>> Mau Loa Soap(マウロアソープ)

デリケートゾーンの匂いを抑えるオーガニックソープ

こうしたコアな製品にもオーガニックがあるとは、嬉しい限り。

f:id:mienaitokoro:20150614204029p:plain

デリケートゾーンの匂いってけっこう気になります。

自分が神経質なのかな、と思いきや、ネットで調べたら悩んでいる人が多いのですね。

悩みすぎて、セックスレスの原因になることもあるんだとか。

少しお値段が張るので大事に使いたい。

匂わなくなる実感、嬉しいです
>>> デリケートゾーン用 オーガニックリキッドソープ